㈱エブリイ

エブリイと地元飲食店がコラボ 年末年始用メニューを受注 シェアキッチン発の限定商品

 スーパーの㈱エブリイは、福山市・尾道市・三原市・府中市の15店舗で、同社が福山市内の2カ所で運営するシェアキッチン「みんなのまちメシFACTORY」から生まれた年末年始用メニューの予約を受け付けている。12月15日までだが、限定数に達し次第終了する。コロナ禍で打撃を受けた飲食業者に加工品の製造設備を提供し、売上確保につなげてもらうのがシェアキッチンの目的。シェアキッチンを利用する地元飲食店などと同社のコラボメニューとして今回、「まちメシ大人の贅沢〈ぜいたく〉冷凍オードブル」と「冷凍福箱」を企画した。オードブル=写真=は、中林鶏肉専門店のチーズチキンロール、日本料理店「味涛眞〈あじなみま〉」のアワビのうま煮、「鉄板 豆富料理つるべ」の焼き豚など8品を詰め合わせており、税込み7560円。冷凍福箱は、「手作りの店もりせん」のミンチカツや鉄板焼き専門店「十々〈じゅうじゅう〉」の府中焼き、「中華ダイニング青冥〈ちんみん〉」の春巻きなど5品で、税込み2700円。いずれも100セット限定。受け渡しは12月27・28日に、予約したエブリイ店舗で行う。予約時に受け渡し日時を指定し、商品受け取り時に料金を支払う仕組み。詳細は店頭で。