ゆういちのパン屋 mush

ゆういちのパン屋 mush 低糖質ロールパンが人気 「70%カット」で話題沸騰

 地元の食材や天然酵母を使ったパンが人気の「ゆういちのパン屋 mush〈ムッシュ〉」(尾道市高須町5633-2、広瀬優一代表)=写真上。3月に発売した「低糖質ロールパン」が話題を集めている。糖質制限をしている常連客から「コンビニで販売されている低糖質パンを食べたが、あまりおいしくなかった。おいしい低糖質パンを作ってほしい」と依頼された広瀬代表=写真中。「何とか要望に応えたい」と半年かけて取り組んだ。糖質でありながら、食物繊維と同じような働きをするという「難消化性でんぷん」を用い、ふっくら軟らかくて味わいも楽しめる低糖質パンを開発。食品成分の分析機関へ依頼し、「日本食品標準成分表」にあるロールパンの数値と比較して糖質を70%カットしたことが実証された。プレーン(5個入り420円)と、くるみ入り(同460円)=写真下=の2種類。同店は1997年創業。イチジクやレモンなど地産食材にこだわったパンを次々と開発している。2017・18年には「カレーパングランプリ」(一般社団法人日本カレーパン協会主催)の「西日本焼きカレーパン部門」で、同店の「尾道砂ズリコリコリカレーパン」が最高金賞を受賞した。営業時間は7〜17時(水・金曜は16時まで)で、月・土・日曜定休。ただし土・日曜は一部の商品を「ええじゃん尾道」(同市東尾道13-1)と「道の駅クロスロードみつぎ」(同市御調町大田33)で販売している。【問】TEL.0848-46-1782