㈱モーツアルト

バッケンモーツアルトの人気商品 体に優しい「からす麦のクッキー」 こだわりの製法で飽きのこない味

 広島県を中心に中国地方で洋菓子店「バッケンモーツアルト」約70店舗を運営する、菓子製造販売の㈱モーツアルト(本社・廿日市市)の定番商品「からす麦のクッキー」が人気を集めている。
栄養価の高いからす麦と、自社工場で丁寧にローストしたひきたてのアーモンドをたっぷり使ったクッキー。からす麦は食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富で、血中コレステロールを下げる働きがあるという。アーモンドは「天然のサプリメント」と呼ばれ、血液の流れをスムーズにするとされている。
「新鮮なからす麦とアーモンド、しっとりした風味の良い和三盆を使って、体に優しい味を提供しています」と、同社工場直売店の重廣勝営業チーフ。1983年の発売以来、広島の定番土産として多くの人に親しまれている。
現在は缶入り・箱入りなどさまざまなパッケージで展開。缶入りは季節に合わせて限定ラベルが登場するほか、周年記念など企業のオリジナルラベルのオーダーも受け付けている。缶詰めのような密封構造で、賞味期限は約1年。災害時の保存食として常備する人も多いという。
缶タイプは130gで1296円、箱タイプは10枚入り864円。カープ帽がモチーフのパッケージ(10枚入り972円)や、缶タイプの詰め替え用としても利用できるフレッシュパック(10枚入り756円)などもある。
同社直営のバッケンモーツアルトポートプラザ店(天満屋ハピータウンポートプラザ店内)をはじめ、蔵王店(ゆめタウン蔵王店内)、引野店(ハローズ東福山店内)、フジ神辺店(フジグラン神辺内)、フジ尾道店(フジグラン尾道内)などで販売している。通信販売(http://
www.b-mozart.co.jp/)でも受け付けている。