福山駅前シネマモード

2月19日からシネマモードで 「クラシック音楽映画特集」開催 迫力の演奏シーンをスクリーンで!

 映画館「福山駅前シネマモード」(福山市伏見町4-33)は2月19日─3月25日、クラシック音楽の演奏シーンがある映画5作品を週替わりで上映する=写真上。上映期間と作品名は次の通り。
2月19─25日「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」…「悪魔のバイオリニスト」と呼ばれたパガニーニの生涯を描く。名器ストラディバリウスの演奏シーンは必見。
2月26日─3月4日「ラフマニノフ ある愛の調べ」…ピアニストとしても成功を収めた天才作曲家ラフマニノフの数奇な人生を描いた伝記ドラマ。
3月5─11日「マイ・バッハ 不屈のピアニスト」…「20世紀最後のバッハの演奏家」と称され、事故によるハンディキャップを抱えながら困難に立ち向かったピアニストの半生。
3月12─18日「アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール」…盲目のハンディを克服した世界最高峰のテノール歌手、アンドレア・ボチェッリの実話。
3月19─25日「海の上のピアニスト 4Kデジタル修復版」…船上で生まれ育ち、一度も船を降りたことがなかったピアニストの生涯を描く。
料金は一般1800円、大学・専門学生1500円、3歳─高校生1000円、シニア1100円。レディースデーなど各種割引サービスあり。
 なお、シネマモードとエーガル8シネマズ(同市神辺町 フジグラン神辺3階)のポイントカードが、新しく「フューレックシネマカード」に切り替わる=写真下。シネマモードはすでに新カードのみ対応で、エーガル8は2月5日に切り替える。2館共通で、映画チケットを1枚購入するごとに10ポイントが付く。60ポイントたまると1回無料で鑑賞できる。

問い合わせ先 084・923・6800