福山駅前シネマモード

12月11日からシネマモードで 「名画吹き替えプロジェクト」開催 人気声優による「ローマの休日」など

映画館の福山駅前シネマモード(福山市伏見町4-33)は12月11日─来年1月21日、人気声優による名画吹き替えプロジェクト「NEW ERA MOVIES(ニューエラムービーズ)」を実施、6作品を週替わりで上映する。上映期間と作品名、声優名と配役は次の通り。
12月11─17日「ローマの休日」(アン王女/南條愛乃、ジョー・ブラッドレー/堀内賢雄、アーヴィング・ラドヴィッチ/高木渉)▽18─24日「第三の男」(ホリー・マーチンス/平田広明、ハリー・ライム/鈴村健一、アンナ・シュミット/本田貴子)▽25─31日「シェーン」(シェーン/津田健次郎、ジョー・スターレット/森久保祥太郎、ルーフ・ライカー/石井康嗣)
来年1月1─7日「禁じられた遊び」(ポーレット/戸松遥、ミシェル・ドレ/小松未可子、ジョゼフ・ドレ/稲田徹)▽8─14日「レベッカ」(わたし/早見沙織、マキシム/三木眞一郎、ダンヴァース夫人/宮村優子)▽15─21日「百万長者と結婚する方法」(シャッツィ/大谷育江、ポーラ/Lynn、ロコ/ファイルーズあい、トム/落合福嗣)

また12月19日は18時30分から、同館で「横山名画劇場第29弾 ヨコゲキ!」を開催する=写真下。
上映作品は小泉今日子さん・真田広之さん出演の「快盗ルビイ」。映画マニアとして知られる中国放送(RCC)の人気アナウンサー・横山雄二さんが解説を行うほか、小泉さんがリモート登壇する。イベント後には横山アナを囲んでの懇親会を実施する。 「ヨコゲキ!」の料金は映画のみの場合、一般1300円、フューレックカード会員・シニア1100円、学生1000円。懇親会付きの場合は2500円。チケットは劇場窓口とホームページ(http://www.furec.jp)で販売している。