スタジオM@mahoバレエスタジオ

森代表が現代舞踊を披露 12月19日、高梁市成羽美術館で

「スタジオM@mahoバレエスタジオ」(福山市曙町6-14-15)の森真保代表は、12月19日14─15時、高梁市成羽美術館(同市成羽町下原)の「静水の庭」前ロビーで、コンテンポラリーダンス「空(KU)」を披露する。観覧無料。同美術館は建築家の安藤忠雄氏が設計したことでも知られ、今回の舞踊は自然環境を取り入れた空間の中で行う。森代表は大豆製品製造販売の㈱夢石庵(福山市曙町)の社長でもある。スタジオMでは子供から一般までを対象にクラシックバレエを指導している。

同館では12月12日─来年2月7日、企画展「小舟によせる唄」を開催する。2015年、倉敷芸術科学大大学院芸術研究科博士課程を修了した李侖京さんのテキスタイルによる空間芸術作品を楽しめる。07年に愛知県立芸術大大学院彫刻専攻を修了した北川太郎さんの「空間ポエム」も併催。手仕事にこだわった石彫作品が鑑賞できる。いずれも観覧無料。