福山市役所

来春の「ももクロ」イベント 経済効果は3億5000万円 福山市が試算示す

来年4月22・23日に福山市水呑町の福山市竹ケ端運動公園で開催される人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のイベント「ももクロ春の一大事2023」について、市は経済波及効果を約3億5000万円とする試算を明らかにした。
同イベントは、ももクロが全国の自治体から開催地を募り、地域活性化に貢献するもの。市によると、観光庁長官表彰特別感謝状も受賞している公益性が高いイベントで、全国から多くの集客が見込まれることから応募、採択された。
両日はももクロのライブのほか、福山をPRするブースや地元の飲食・物産ブースの出店、市内小学生や市民団体が出演するステージなどが予定され、市は計約3万人が来場すると予想している。
市に加えて福山観光コンベンション協会、市スポーツ協会で組織する実行委員会を立ち上げ、開催に向けた準備を進めていく。イベントチケットは来年1月に発売予定。
枝広直幹市長は11月29日の市議会本会議で「この機会にバラや福山城、鞆の浦など本市の魅力を発信し、知名度の向上やさらなる誘客につなげていく」と述べた。