一般社団法人福山青年会議所

26日、福山JC主催で2事業 交流イベント「FUKUYAMA VOICE」と 島田理事長らのトークセッション

 一般社団法人福山青年会議所(島田宗輔理事長)は11月26日13時─15時30分、iti SETOUCHI(イチ セトウチ、福山市西町1-1-1)で人材発掘・交流イベント「FUKUYAMA VOICE」の第4回を開く=写真上。参加無料。
同市にゆかりのある5人がそれぞれ約10分のプレゼンテーションを行い、中心市街地の魅力を高めるための施策や人的交流のポイントについて話す。情報や知恵を共有し、福山をもっと面白くするきっかけづくりを目指す。
登壇者は次の通り。髙山淳子さん(ピラティスインストラクター)▽藤川晴菜さん(同市産業振興課)▽石川健司さん(KI企画)▽中島基晴さん(㈲ぬまくま夢工房社長)▽内田誠一さん(福山JC)
オンライン参加も可。定員は先着順で会場30人、オンライン20人。希望者は専用フォーム(https://forms.gle/7P1hYT1UhSyf36mx8)から申し込む。

 

 

 また同日19時─20時30分には、まなびの館ローズコム(同市霞町1-10-1)でトークセッション「つながろう福山、つなげよう未来へ」を実施する=写真下。入場無料。
FUKUYAMA VOICEの立案者で㈱leuk(ルーク、同市元町)の塩出喬史さんと、同JCの島田理事長が、つながりが生むものや福山の未来はどう変わるのかについて語り合う。
東京の人材交流イベント「としま会議」の立案者・中島明さんの特別インタビュー動画も上映。来年以降のFUKUYAMA VOICEの運営を担う実行委員会の紹介もある。
定員は先着100人。希望者は所定の用紙に必要事項を記入し、ファクス(084・931・4834)で申し込む。オンライン配信も行う予定。