穴吹ビジネス専門学校

10月30日、芦田川かわまち広場で 「1+わんわんフェスタ2022」開催 飼い主とワンちゃんの絆を深めよう

 穴吹ビジネス専門学校(福山市東町2-3-6、藤井悦子校長)と、福山を中心に発行するペット専用フリーペーパー「Lazo」(ラゾ)は10月30日9時30分─15時30分、芦田川かわまち広場(同市千代田町)で「1+(わんたす)わんわんフェスタ2022」を開催する=写真は昨年の様子。
広島県と同市の動物愛護センターや県獣医師会、地域の産官学団体・企業が連携して行う恒例イベント。ペットを愛する人たちの交流の場となっており、昨年は700人以上の飼い主と愛犬が参加した。
当日は「わんちゃん運動会」や「うちの子自慢大会」など愛犬と一緒に参加できるイベントが。また同校動物看護学科・動物健康美容学科でトリマーや動物看護師を目指す学生が、リボン付けや健康チェックサービスなどを行う。
「ペット防災」や動物愛護、ペットマナーに関する講演や体験企画も。会場内にハロウィーン向けの撮影スポットやドッグランを設けるほか、ペットグッズの販売や、地元人気店によるキッチンカー出店などもある。
入場無料だが、同フェスタのホームページ(https://web.anabuki-net.ne.jp/1wanwanfesta2021/)から事前登録が必要。犬を同伴する場合は鑑札・注射済票を着用し、混合ワクチン接種済証を持参すること。犬を連れていなくても参加できる。
同校は「学生が主体的に企画・運営するので、動物を扱う職業人としてのホスピタリティー(応接)や人間力を養う機会になる。愛犬と一緒に楽しんでほしい」としている。