人形センター瀬良

人形センター瀬良 「御即位礼雛」が登場 昭和・平成・令和が一堂に

 瀬良織物㈱が運営する節句人形専門店の「人形センター瀬良」(福山市卸町151)にこのほど「御即位礼雛〈ひな〉」が登場した。織物からこだわった衣装が特徴で、昭和・平成・令和の天皇即位の儀式を思わせる。天皇が「即位の礼」でまとわれる装束は代々「黄櫨染御袍〈こうろぜんのごほう〉」と定められているが、皇后の衣装にはそれぞれ異なる布地を用いる。織物を手掛ける同社がこれらの衣装を再現した。昭和=写真上手前、平成=同奥、令和=同中央=の即位の礼を表現した雛人形を一堂に展示している。


33日まで「2022新春 雛人形特選会」を開催中。七段飾りや収納タイプに加えて、新作も数多く販売する。雛人形には子供が健やかに成長することを願う意味があるため、くぐることで厄をはらうとされる「茅〈ち〉の輪」を屏風にデザインしたものも用意する=写真中。

人形を飾る手間を省けるガラスケース入りの品も多数そろう=写真下。木目込み人形には人形センター瀬良制作の限定品もあり、品質の高さには定評がある。飾る場所を選ばないコンパクトなサイズとオリジナルのびょうぶ、華やかなデザインが好評だ。営業時間は9〜18時で、55日まで無休。駐車場あり。【問】☎0849203611