特集 みんなの七五三

特集 みんなの七五三

普段あまり着ることのない着物やドレスを着て写真を撮ったり、おいしいごちそうを食べたり…
家族みんなで思い出に残る七五三を迎えるためにびんなびがちょっとしたハテナをまとめてみました。読者ママアンケートの回答も参考にしてみてくださいね。

七五三のハテナ
草戸稲荷神社の石井宮司に七五三について気になる質問にお答えいただきました。

◆七五三の由来って?
江戸時代に行われていた人生の通過儀礼である3歳男女の〈髪置〉、5歳男子の〈袴着〉、7歳女子の〈帯解〉に由来しています。子どもから大人への第一歩を踏み出すための節目の儀式で、神道では「子どもは7つまでは神の子」として考えられ七五三を終えると一人前の大人として扱われるようになるそうです。

Q.全ての年齢できちんとお祝いするのですか?とくに女子は2回お祝いした方がいいのでしょうか?
A.昔は男の子(3・5歳)、女の子(3・7歳)でそれぞれお祝いをしていましたが最近は男の子(5歳のみ)、女の子(3・7歳)が一般的だそう。現在はどちらかというと写真撮影の方が主流になっていますよね。昔はあまりお金や手間をかけず近所の氏神さまに家族でお参りしおいしい食事を囲み、子どもの成長をお祝いしていたんだって。家族みんなで感謝する時間を作ることが立派なお祝いになると思います。

◆なぜ11月15日なの?
5代将軍徳川綱吉の子息・徳松の〈髪置〉の儀式が天和元年(1681年)11月15日に行われたことを前例にしていて、暦学の上でもこの日は吉日にあたるそうです。最近では10月中旬〜11月中旬にかけて参拝される方が多いそうです。

Q.6歳のお姉ちゃんと3歳の弟の七五三を一緒にやってもいいのかな?
A.昔は数え年、最近は満年齢でお祝いするのが一般的ですが、子どもの成長を感謝する儀式なので一緒にやっても、もちろん問題はありません。ちなみに日本では奇数は陽数、偶数は陰数といい奇数は縁起の良い数とされ他の多くの節句も奇数であるのもこの考えからきているそう。できることならば兄妹のどちらかでも奇数の年齢にあたる年にお祝いすると更に縁起がいいですね。

◆どこの神社にお参りすればいいの?
ご家族の住んでいる街の近所の氏神さまや、崇敬する神社に行って〈ご祈祷〉していただきましょう。共にお参りしても差し支えないです。お祓いして、祝詞を奏上し、二礼二拍手一礼の作法で拝礼します。『神さまにお守りいただき無事に成長できたことを感謝し、これからも子どもが災難にあわず、健康に正しく成長するようお守りください』と祝詞で神さまにお伝えしご祈願してもらいます。〈ご祈祷〉の際には「初穂料」(3千円〜1万円が妥当な範囲ですが神社によっては規定料金がある場合もありますので予約も含めて事前に確認しておくと安心です)を用意し持参しましょう。

Q.七五三のお祝いのお返しはどうすればいいの?
A.子どもの成長を祝うものなので本来お返しはありません。でもお礼の気持ちを伝えたいということであれば、子どもの名前で菓子折り程度を「内祝い」としてお返ししましょう。現金でいただいた場合は半額〜三分の一程度が目安。一カ月以内にお返しするといいでしょう。実家の場合はお食事会に招いたり、記念写真を渡すなどが喜ばれるのではないでしょうか。

◆衣裳はどうしましたか?
写真館でのレンタルがほとんどという結果。撮影と衣裳がセットになっていることや、お下がりがあってもせっかくだからという親心もあるみたい。費用をかけても1人目だから気にせずという親も…。



◆写真は撮りましたか?

写真館での撮影が多い。事前に撮影をする前撮りの方が料金も安く、あわてなくてもよくて子どもも親もリラックスできるのが人気だとか。1日でまとめて派も目立ちました。

◆食事はどうしましたか?
当日に食事会を実施する家族が多い。おじいちゃんおばあちゃんを招待して外食したり家族や友人とパーティーしたりとスタイルはさまざま。

◆お参りのスタイルは?
神社でご祈祷をしてもらった家族が多い。近所の氏神さまへのお参りのみが目立ったほか、氏神さまへお参りした後、大きな神社でご祈祷をしてもらう家族もあった。

◆びんなびオススメ!写真スタジオ&神社
10月中のご予約で平日の撮影料が半額に!記録ではなく、記憶に届く写真。
●撮影用の衣裳はレンタル無料!  ●お子様の着付けや簡単なヘアセットも無料!(7歳の女の子のヘアメイク・平帯での着付けには別途美容料金がかかります)
家族で楽しむ七五三写真は大人になってもきっと大切な宝物。ご要望にあわせてその子らしい表情や仕草を様々なアングル、豊富なカットで撮影します。開放感あふれるメインスタジオや和モダンな個室などでお子さんの魅力を引き出し、素敵な笑顔を記念写真に残します。
★10月のご予約・撮影で、撮影料¥11,000(税込)を半額に!(平日のみ)

ミシマ写真館
福山市昭和町9-3
TEL.084-923-1112
営業/9:00~18:00
定休日/年中無休 P/あり
HP/https://p-misima.jp
MAIL/mail@p-misima.jp
********************************************************
七五三のお参りは草戸稲荷で!お子さんの健やかな成長をご祈祷します。
草戸稲荷神社では、七五三のご祈祷も承ります。千歳飴やプレゼントなど、お子さんにも喜んでいただきながら、健やかな成長をお祈りいたします。
今年も撮影パネルを用意!一生に1度しかない特別な日に、素敵な記念写真をお撮りいただけます。(※新型コロナウイルス感染症予防のため、マスクの着用にご協力ください。また、七五三付近は大変混雑する恐れがございます。お参りは10月からできますので、なるべく密を避けていただけますよう、お願い申しあげます)
★御祈祷 予約は必要ありません。社殿右にある受付所にて申込用紙を記入していただき控室でお待ちください。社殿にて神主がお祓い致します。初穂料(金額)等はホームページをご覧ください。

草戸稲荷神社
福山市草戸町1467
TEL.084-951-2030
参拝時間/常に開いておりますので、ご自由に参拝ください。
本殿開門/8:00~16:00
祈祷受付/9:00~12:00、13:00~16:00