ふくやま地域助産師の会 となりのSANBA

助産師の会「となりのSANBA」 10月15日に鞆公民館で相談会 妊婦と産後1年半までの母親が対象

 備後地方の助産師7人が集う「ふくやま地域助産師の会 となりのSANBA」(さんば、衣笠恵代表)は毎月、「月イチ出張助産所」を催す。初回は10月15日10時─11時30分、鞆公民館(福山市鞆町)で妊婦や産後1年半までの母親と赤ちゃんが対象で、参加費は500円。定員10組で要予約。
赤ちゃんを遊ばせつつ、妊娠・出産や授乳、産後ケア、発達について1人30分程度相談できる。衣笠代表は「地域の専門家による相談で、ママたちの不安を解消したい」。申し込みは電話やインスタグラムから。11月は29日の10時─11時30分、駅家西交流館で同様の内容で行う。