三原リージョンプラザ

「広島県ゆかりのアスリートたち」 女子体操の五輪代表らを紹介 7月10日─8月1日、三原リージョンプラザで

 三原市は7月10日─8月1日、三原リージョンプラザ(同市円一町2-1-1)で企画展「広島県ゆかりのアスリートたち─4年に1度の祭典─」を開催する。9─17時(7月10日は10時から)で入場無料。
同市名誉市民の池田敬子さん(同市鷺浦町出身)を中心とした、広島県にゆかりのあるオリンピック選手の業績を紹介するとともに、関係資料を展示する。
池田さんは1954年の世界体操で日本女子初の金メダリストとなり、「ローマの恋人」と呼ばれた。メルボルン・ローマ・東京五輪では女子代表選手を務め、東京大会では団体で銅メダルを獲得した。