平山郁夫美術館

瀬戸田の平山郁夫美術館 田渕俊夫さんと初の「師弟展」 「色彩とこころ」8月6日まで

 平山郁夫美術館(尾道市瀬戸田町沢200─2)は8月6日まで「平山郁夫 田渕俊夫師弟展 色彩とこころ」を開催している。
東京芸術大美術学部の学生時代に平山郁夫と出会った田渕さん。1970年、29歳の時に平山に作品に対する助言を求めたことから、師弟関係が始まったという。師弟でありながら異なる世界を追求した2人の作品を、一度に見比べることができる。
田渕さんが永平寺(福井県)に奉納した「雲水」、智積院(京都市)に奉納した「春(枝垂(しだ)れ桜)」=写真=など水墨画のふすま絵は、中国地方では初展示となる。入館料は一般920円、大学・高校生410円、小・中学生210円。