㈱博善

6月13日、セレモニーホール博善で 「人形供養祭&事前相談会」開催 ひな人形や縫いぐるみを受け付けます

 葬祭業の㈱博善(府中市府川町543-1、橘髙義則社長)が運営する「セレモニーホール博善」(同所)は6月13日、同ホールで「人形供養祭&事前相談会」を開く。受け付けは9─12時で供養は13時から。
ひな人形や五月人形、縫いぐるみなどを1体500円から受け付ける。ひな人形などのセットは5000円。料金は大きさによって変動する。
橘髙社長は「大切な人形を真心込めて供養します。ガラスケースに入ったままの状態でもOK。持ち込みが難しい場合や、当日都合が合わない方も気軽にご相談ください」と話している。
また同社は5月末、事務所スペースを拡大・増築してリニューアルオープンする。これまで事務所の一部を相談スペースとして活用していたが、今春社員が増えて事務所が手狭になったため、相談・応接スペースの増築に踏み切ったという。「相談スペースが広くなり、より一層充実したサービスを提供できます」と同社の梅岡照美マネージャー。
1948年創業の同社。2年後の75周年に向け、昨年は古くなった外壁の防水・塗装工事などを実施した。梅岡マネージャーは「皆さんに安心して利用してもらえるよう、ハード面・ソフト面とも工夫を凝らしていきます」と意気込む。
同社は女性スタッフを中心とした式典や、プロの司会者、ピアノの生演奏をいち早く導入。生花を使った「生花祭壇」を取り入れるなど、故人や遺族の思いを祭壇に反映させる心温まる葬儀が人気を集めている。
橘髙社長は「事前相談を受け付けています。料金設定も明確にしているので、時間や気持ちに余裕がある時に相談して、内容をしっかり調べておくのがオススメ」と呼び掛けている。