閑渕流

閑渕流が5月20日まで開催中 「Webいけばな展─春のヒカリ─」 安らぎや豊かな情趣を感じて

 華道の閑渕流(福山市入船町2-1-20、小川閑渕代表)は5月20日19時まで、「Webいけばな展─春のヒカリ─」(http://kan-en-ikebana.net)を催している。
昨年12月から今年1月にかけて実施し、好評を博した企画展の第2弾。新型コロナウイルスの影響で生け花展の中止が続く中、インターネット上の「特設会場」で春をテーマにした作品を紹介する。
閑渕流は1943年創流。家元の小川代表は「コロナ禍の中だからこそ、花と向き合うことで得られる安らぎの時間や、移ろう季節から感じられる豊かな情趣を、今できる形で伝えたい」と話している。