尾道東ロータリークラブ

尾道東RCが講演会 関学アメフト前監督招き 4月10日しまなみ交流館で

尾道東ロータリークラブは4月10日13時30分〜15時30分、しまなみ交流館(尾道市東御所町10-1)で第21回市民公開講座「分業制スポーツにおける組織論〜自分で考える力〜」を催す。定員は先着350人で入場無料。講師は関西学院大アメリカンフットボール部前監督の鳥内秀晃さん=写真。鳥内さんは同部で活躍後、大学卒業と同時にコーチを目指して、アメリカのサザンオレゴン大(1982〜84年)とUCLA(85年)に留学した。86年から同部のアシスタントヘッドコーチ兼守備コーディネーターに。92年の監督就任後は、甲子園ボウルで12回、ライスボウルでも1回優勝し、名将として知られた。入場チケットは同RC事務所(同市土堂2-10-3 尾道商工会議所3階)で事前に手渡す。参加希望者は8日までに、名前・住所・参加人数・電話番号・ファクス番号・メールアドレス・チケット受け取り希望日を明記して、ファクス(0848-25-5368)かメール(ohrc@bbbn.jp)で申し込みを。コロナ禍の状況により中止する場合は、9日15時にホームページ(http://www.ohrc.jp)で発表する。【問】☎0848-25-5378(月・水・木曜9時30分〜15時)