Mighty Birds ENGLISH SCHOOL 代表 宮地 香さん

英検に強い英語教室で自発的な学習法を指導

「小学生の頃、友人のお母さんが英語教室の先生をやっていて、そこで教えてもらううちに英語に興味を持ちました。中学三年の時には『高校生になったら、留学したい』と思っていました」

福山市出身。その言葉通り、高校時代にアメリカの州立高校へ一年間留学し、関西外国語大(大阪府)の短期大学部を卒業。化粧品業界や塾業界などを経験した後、大手英会話教室で三年勤務。出産後、英語教室に九年勤めた。

「留学中は懸命に勉強しました。でも帰国すると、周囲から英語力の高さを期待されることを、だんだん重圧に感じるようになりました」。しかし英会話教室などでの仕事を経て、子育てをしながら理想の英語教育を確立しようと、独立開業を決意する。

2012年、マイティバーズ・イングリッシュスクールを開校した。マイティバーズは「強くて偉大な鳥たち」という意味。生徒たちを鳥に例えた。「『楽しい英語』と『ちょっとだけ難しい英語』の両方を学んで成長し、自らの翼でいろいろな言語が飛び交う世界に飛び込んでほしい」との願いを込めている。

対象は小・中・高生。特に英検取得に注力しており、小二で英検四級、中三で二級合格の実績も。また今年の小六生徒は全員、すでに三級に合格している。小学生には全員が発言できる明るい雰囲気づくり、中高生には大学受験を視野に入れた英語学習の取り組みなど、自発的に英語を学べるよう工夫して指導を行う。

「経営面も考えなければならないので大変な部分はありますが、この先どんな展開ができるかと楽しみにしています。子供たちの成長を見守るとともに、時代のニーズを感じ取りながら進化し続けたい」

中国ビジネス情報2020.9.20号「今輝いている女性」より